引越し時の化粧品梱包術 スキンケアアイテムの梱包方法や処分方法まとめ

化粧品は多くの女性にとって欠かせないアイテムであり、ガラス製のものや簡単に壊れるもの、チューブタイプのものが含まれているため、引越しの際の梱包には特に注意が必要です。

購入時の箱やケースを保管していれば、梱包作業は比較的スムーズに進みますが、そうでない場合がほとんどでしょう。

そのため、製品を保護して損傷を避けるために、丁寧に梱包することが大切です。特に海外への輸送を考えると、さらに細心の注意が必要になります。

この記事では、スキンケアアイテムの梱包と管理のコツ、処分方法について紹介します。

化粧品の梱包基本ルール

引越しの荷物の中でも特に注意が必要な化粧品には、液体やガラス製品、壊れやすいものが含まれています。

ガラス製の化粧品が減少した現在でも、梱包は慎重に行う必要があります。

ダンボールに入れる際には、誤った詰め方をするとプラスチック製の製品でも壊れる可能性があるため、化粧品は基本的に「立てて詰める」ことを心がけましょう

液体化粧品の梱包テクニック

液体化粧品を梱包する際は、まずしっかり蓋を閉めて漏れないようにします。

ガラス製の容器の場合は、エアパッキンやタオルで包んだ後、さらにプラスチック袋に入れて口をしっかり閉じると、運搬中の安全が確保できます。

ガラス製の容器は少なくなっていますが、プラスチック製であっても重たい物が上から加わると壊れる恐れがあるため、注意深く梱包することが大切です。

ジャータイプのクリームの梱包ポイント

ジャータイプのクリーム容器も、液体化粧品と同じく梱包することが推奨されます。

クリームが蓋に付かないように容器を立て、ダンボールの底に置くと良いでしょう。

チューブ型化粧品の梱包方法

チューブ型の化粧品は、圧力により形が変形しやすいため、エアパッキンでの梱包だけでは不十分です。

ティッシュボックスやお菓子の箱などを利用して、これらの製品を一度プラスチック袋に入れてから箱に納めると良いでしょう。

この方法なら、ダンボール箱の隅に置いても、他の重い物品によって潰される心配が減ります。

化粧道具の梱包方法

化粧道具はポーチにまとめて収納し、重たいものが上に来ないように配慮しましょう。

これらを含むダンボール箱内で、化粧道具を箱の最上部に置くのがおすすめです。

もし更に保護が必要な場合は、チューブ型の化粧品を梱包する時と同じように、使い終わった箱を利用して道具を入れると安全です。

ネイル用品の梱包術

ネイル用品はその小ささと細かさから、空の箱やしっかり閉じられるプラスチックの容器を使うと梱包が楽になります。

用品が容器の中で動かないように、エアパッキンや布で軽く包んでから入れると良いでしょう。

容器を閉じた後は、テープでしっかりと封をして、ダンボールの上方に置くことが推奨されます。

ネイルポリッシュのような液体を含む瓶製品は、一つ一つ丁寧にエアパッキンで包む必要があります。

化粧品廃棄の際の方法と注意点

引越しの際に不要になった化粧品をどのように処分すれば良いか、製品のタイプに応じた適切な方法をご紹介します。

液体タイプのスキンケア製品の処分

化粧水や乳液などの液体スキンケア製品は、基本的に洗面所やトイレから安全に排出可能です。

これらは肌への使用を前提としているため、環境への悪影響は心配ありませんが、排出後には水でしっかり流しましょう。

粘度のある化粧品の廃棄方法

クリームやネイルポリッシュのように粘度がある製品は、ティッシュや新聞紙、キッチンペーパーを使って拭き取り、通常の可燃ゴミとして処分します。

化粧ツールの処分

化粧ブラシやスポンジなどの化粧ツールの処分方法は住んでいる地域によって異なりますが、一般的には可燃ゴミまたは不燃ゴミとして扱われます。

廃棄の際の分別がわからないとき

化粧品の容器や化粧ツールをどのように廃棄すればいいのか迷った場合は、自治体のルールが参考になります。

プラスチック製の容器には分別のための表示がされていることが多いですが、表示がない場合の処理は自治体によって異なるため、可燃ゴミや不燃ゴミのどちらに分類されるかを確認することが大切です。

特に化粧ツールなどプラスチック製品の処分には、地域の分別ルールに従うことが重要です。

海外移住時の化粧品携帯ガイド

海外へ移住する際、手荷物や預け荷物に関する規定が厳しく、化粧品もその制限の対象になります。事前の準備が欠かせません。

100ml超の液体化粧品の携帯制限

化粧水や乳液、クリーム、ヘアスプレー、ネイル製品などの液体化粧品は、100ml超での持ち込みが制限されています。

ただし、1リットル以下の透明プラスチックバッグに100ml以下の容器に入れた化粧品なら、一人一つ手荷物として携帯可能です。

このバッグは縦と横の合計が40cm以内で、マチがあると収容量がオーバーしてしまうため不適です。

一方で、100ml超の容器をスーツケースに入れて預ける場合は、制限を受けません。

つまり、規定サイズ内であれば多くの化粧品を機内に持ち込むことができ、スーツケースであれば容量超過の化粧品も預け入れが可能です。

新品化粧品の持込みに関する注意点

新品の化粧品を大量に持ち込む際には、時に許可されない場合があります。

これは、未使用の商品が海外での転売を目的としていると疑われる可能性があるためです。

このような問題を回避するために、一部の人は商品のパッケージを取り除くなどして、新品と判別できないようにする工夫をしています。

また、特定の化粧品を規定量以上持ち込むと、数量制限に引っかかり課税される可能性があります。

機内持ち込みの制限は主に安全を目的としていますが、未使用の化粧品は商業目的の輸入と見なされることが主な問題です。

海外移住の際には、愛用の化粧品が現地で手に入るか不明なため、多くを持参したい気持ちは理解できますが、残念ながら制限のためにすべてを叶えることは難しいかもしれません。

さいごに

引越しの際の化粧品の梱包方法や、処分方法についてご紹介しました。

お気に入りのアイテムの中身が漏れてしまったり、容器が破損してしまうことのないように、しっかりと梱包したいですね。

他にも梱包方法について解説した記事があるので、引越準備の参考にしてください。

引越しの食器の梱包方法 新聞紙の効果的な使い方やゴミを減らせるポイントも解説