引越し前日や当日の食事を簡単かつ手軽に済ませる方法やアイディアまとめ

引越しの際、前日には冷蔵庫の電源を切り、荷造りを終える必要があります。そのため、「引越し前日や当日の食事はどうするべきか?」という疑問が浮かぶことでしょう。

実際、引越し前日や当日に料理をすることは多くの場合難しいため、昼食や夜ご飯のプランを立てる必要があります。

外食を選ぶ人もいれば、お弁当を購入する人もいますが、それぞれには利点と欠点が存在します。

そこで、今回は引越し前後の食事に関するいくつかのアイデアをご紹介します。

引越し前日の夕食はどう済ませる?

引越し前日の夜には、荷造りを終える必要があります。

そのため、調理器具や食器がすぐに手に入らないことがよくあります。

このような場合、お弁当を購入することも考えられますが、コンビニ弁当を選ぶとゴミの問題が発生します。

したがって、ゴミを残さずに済ませたい場合、外食がおすすめです。

また、地元の定食屋さんなど、馴染みのある場所を訪れることも楽しい思い出になるでしょう。外食を特別な機会と考えるのであれば、最後の日に住んでいた場所で特別な食事を楽しむのも素晴らしいアイデアです。

家族が多い場合、外食の費用はかさむかもしれませんが、ゴミの問題を回避するには外食が最適です。

また、友人や知人が夕食を提供してくれる可能性がある場合は、お世話になることも検討してみてください。

手軽な選択肢:お弁当を購入する

自炊が手間だけど、外食ほどお金をかけたくない人には、お弁当の購入がおすすめです。

実際、私も引越しの際、小さな子供を抱えて忙しかったため、スーパーでお寿司などを買って夕食にしました。この場合、出たゴミはビニール袋にまとめて、新しい家に持ち込んでから処分しました。

もし引越し当日の朝がゴミ収集の日であれば、ゴミを出しておくと便利です。ただし、そうでない場合は、引越し業者にゴミ袋の運搬を依頼する必要があります。

このように、引越し前日に少量のゴミが発生しても問題ない場合は、お好きな食事を購入して楽しむことをお勧めします。

引越し前日の手軽な食事プラン:レトルトを有効活用

引越し前日の夕食について考える際、外食やお弁当を買うことは便利ですが、費用を抑えたい場合や家族が多い場合には、自宅での食事も選択肢の一つです。

引越し前日であっても、電気と水道が利用可能な状態であれば、炊飯器、ホットプレート、ポット、IHクッキングヒーターなどの電化製品を利用できます。

ただし、冷蔵庫の電源は切っているため、生鮮食品の調理は難しいです。

このような状況下で、炊飯器を使ってご飯を炊き、レトルト食品を組み合わせる方法があります。

レトルト食品にはさまざまな種類があり、カレー、シチュー、ハヤシライスなどがあります。価格も200円前後と手頃で、温めるのは電子レンジを使用すると簡単です。

ポットにお湯を注いで袋ごと温めたり、鍋を使って温めたりすることもできます。

また、食器は使い捨てのものを選ぶことで後片付けの手間を減らしましょう。

電子レンジを使用する際には、コーティングされたポリエチレンが溶け出す可能性があるため、電子レンジ対応の紙皿を使用することが重要です。

引越し当日の朝食の準備方法

引越し当日の朝、朝食にどのように対応すべきでしょうか。

私の場合、引越し前の忙しい朝に備えて、前日にコンビニで買っておいたおにぎりやパンで朝食を済ませました。

朝ご飯に汁物が欲しい場合は、ポットにお湯を沸かしてインスタントスープを楽しむこともできます。

いずれにせよ、引越し当日の朝は非常に忙しいことが多いため、朝食については事前に準備しておくことが賢明です。

もちろん、自宅近くにコンビニがある場合は、当日の朝に購入して食べることもできます。しかし、コンビニやスーパーが遠い場合は、事前に食事を調達しておくことをお勧めします。

引越し当日の昼食の対応策

引越し当日、昼食についても考える必要があります。

もし引越し作業が昼にかけて行われる場合、サクッと食べられるおにぎりやサンドイッチが便利です。

食べられる場所が限られているため、車の中で食べたり、家族交替で食事を摂ると良いですね。

昼食時に引越しが終了していて、周辺に手軽な飲食店がある場合、外食を楽しむのも一つの方法です。

また、デリバリーサービスを利用する方法も便利です。新しい場所での土地勘がない場合でも、事前にデリバリーを手配しておけば安心です。

検索エンジンで「デリバリー」と検索すると、全国対応のサイトがいくつか表示されます。これらのサイトにはお弁当だけでなく、和食、洋食、ピザ、カレー、オードブルなど、さまざまな料理の宅配サービスが提供されています。

引越し業者による作業が終わった後も、段ボール・家具の移動や片付けなどやることはたくさんあります。デリバリーサービスは時間の節約にも役立ちます。

私の体験談ですが、引っ越し先から実家が近かったときには、引っ越しの間(午前中)は子どもを実家で預かってもらい、お昼に引越し蕎麦を振舞ってもらいました。

とにかく、引越し当日の昼食は忙しいことが予想されるため、事前に計画を立てておくことが大切です。

特に子供がいる家庭では、昼食時に子供がお腹を空かせることが多いため、事前の準備は重要です。

さいごに

引越し作業は体力を必要とする大仕事です。したがって、食事の計画も各自が無理なく実行できる方法を選ぶことが大切です。

食費をできるだけ節約したい場合には、レトルト食品は便利な選択肢ですが、価格を確認し、本当に節約になるかどうかを検討することが大切です。商品によっては、お弁当を購入する方が経済的な場合もあります。

外食、お弁当、レトルト食品など、引越し前日と当日の食事プランを考えてから引っ越しに臨みましょう!

赤ちゃんや小さな子どもと一緒の引越し スムーズに準備する方法や当日の対応方法