子どものいる家族の引越し準備や荷造りはいつからスタートする?

家族が多い、特に小さな子供がいる家庭では、引っ越し準備が一層の挑戦となることがあります。いつから、どのように荷造りを始めるべきかといった疑問が出てくるでしょう。

効率的に引っ越しを進めるためには、計画的に段取りをすることが重要です。

この記事では、荷物が多い家庭に特化した引っ越し準備のポイントや手順、注意点を一つ一つ解説します。

近い将来引っ越しを予定している方には、この情報がきっと役立つでしょう!

引っ越し準備の開始時期について

このセクションでは引っ越しの準備をいつから始めるべきかについてご説明します。

引っ越しに必要な平均準備日数はおよそ6.4日とされていますが、これは単身者から家庭を持つ人までの平均値です。

子供のいる家庭では、この期間にさらに2日ほど余裕を持たせることをお勧めします。つまり、最低でも引っ越しの1週間前には準備を始めるべきです。

ただし、引っ越し作業には1週間前に始めても間に合わないものもあります。

以下で、引っ越しの準備を開始する適切な時期とその理由をご紹介します。

準備は1〜2ヶ月前から始める

引っ越し業者の選定を考えると、少なくとも1ヶ月前から準備を始めることが望ましいです。

特に3月から5月の引っ越しシーズンは業者が混雑するので、3月〜4月初旬の週末など繁忙期のピーク時には2ヶ月前から予約すると良いでしょう。

また、引っ越しによって出る不用品の処分も考慮が必要です。

自治体によっては大型ゴミの回収日が月に1回しかない場合もあるため、1ヶ月前には処分の準備をすることをお勧めします。

本格的な荷造りは2週間前から開始

小さい子供がいる家庭では、予期せぬことが起きる可能性が高いため、荷造りの準備期間を通常よりも長く取ることが望ましいです。

特に未就学児がいる共働きの家庭の場合、限られた時間内での荷造りが必要になります。

季節限定のアイテムや特別なイベント用の品など、使用頻度の低い物から荷造りを始めることで、日常生活への影響を最小限に抑えることができます。

家族向け引っ越し準備:荷造り効率化のコツ

家族が多く、特に子どもがいる家庭では、引っ越しの荷造りがより一層の努力を要します。

そうした家庭向けの引っ越し準備のポイントをご紹介します。

不要品は売るか処分する

引っ越しは不要な物を整理する絶好の機会です。家具や家電、衣類などを見直し、本当に必要な物だけを選びましょう。

子どものブランド服やおもちゃなどは、中古市場での需要があります。フリーマーケットアプリを使って売るか、リサイクルショップに持ち込むと良いでしょう。

また、比較的新しい家具や家電、ブランド品は売ることができます。買取ができない物でも、無料で引き取ってくれる場合があります。

十分な時間をとって、不要品を分類しましょう。

計画的に効率良く作業を

多くの荷物を扱う場合は、計画的に作業を進めることが重要です。

どの荷物を最初に梱包するか決めるだけで、作業はずっとスムーズに進みます。

不要品は梱包の途中で分けることで、時間を節約できます。

時間がない共働き家庭は、引っ越し業者のパッケージサービスを利用するのも一つの手ですが、不要品は事前に分けておくことが大切です。

引っ越し梱包を効率的に進める方法

引っ越しの荷物を効率よく準備するためにはどのような方法があるのか。効率的な梱包のコツと注意すべきポイントをご紹介します。

部屋ごとに分けて梱包する

物を無秩序に詰め込むと、荷解きが困難になります。同じ種類の物を一緒に梱包するために、部屋ごとに物を分けて梱包することが大切です。

例えば、脱衣所のアイテムはお風呂用品や洗剤などをまとめて、「水回り用品」とラベルを付けると、新居での荷解きがスムーズになります。

この方法で、「子ども部屋用品」「書斎用品」などと分類し、ダンボールに記載しておくと搬入も楽になります。

使用頻度の低い物を最初に梱包

荷物は「日常的に使う物」「季節限定の物」「特定の時期にのみ使う物」の3つに分類し、まずは「特定の時期にのみ使う物」と「季節限定の物」から梱包しましょう。

これにより、必要な物を間違って奥にしまい込むミスを防げます。

梱包したダンボールは、それらが収納されていた場所に置いておくと邪魔になりません。

直後に必要な物は別梱包

引っ越し直後や1週間以内に必要な物は別のダンボールにまとめておきましょう。

洗面用具や数日分の着替え、調味料、化粧品、タオルなどがそれに当たります。

「このダンボールを開ければ数日間は大丈夫」というセットを用意しておくと、荷解きがスムーズに進みます。

掃除や梱包解除の時間も計画に

引っ越し当日は掃除や引き渡しの確認、移動などの作業が多くあります。

荷造りは「最悪、当日の朝にすればいい」と思わず、少なくとも前日の夜までには終わらせておくべきです。

子育て家庭のための引っ越し準備テクニック

単身者やカップルの引っ越しも大変ですが、小さな子どもがいる家庭では更に困難が伴います。子どものいる家庭向けに引っ越し準備のコツをご紹介します。

荷造りの時間をどう確保するか

小さな子どもがいる場合、一緒に荷造りをするのは難しいものです。そんな時は、子どもが幼稚園や保育園、学校にいる間に荷造りを進めましょう。

共働き家庭であれば、有給休暇を取るのも一つの方法です。

また、近くにいる祖父母や他の家族に子守りを依頼することも考えてみてください。

週末の保育サービスやベビーシッターの利用も有効です。

どうしても子どもが近くにいる状態で荷造りをしなければならない時は、子どもが眠っている夜や早朝の時間帯を使うとよいでしょう。

おもちゃやお菓子を手の届く所に

子どもが好きなおもちゃやお菓子を手の届く所に置いておくと、引っ越し作業をスムーズに進めることができます。

子どもがそれらで遊んでいる間に荷造りを行うことが可能です。

新居に荷物が届くまでの期間、おもちゃやお菓子を詰めたバッグを準備して、子どもに持たせておくのも良い方法です。

さいごに

子どもがいる家庭では、引っ越し作業を余裕を持って行うことが重要です。

新しい家が決まったら、すぐに行動を開始するのが望ましいでしょう。

また、利用可能なサービスは積極的に活用してくださいね。

荷造りサービスやベビーシッター、キッズシッター、一時保育サービスを使って、引っ越し作業に必要な時間を確保しましょう。

引越しと家事や育児を両立させるには?家事サポートを使うメリットや活用法を紹介