使いかけの洗剤やヘアケア商品の引越し時の梱包方法と廃棄のポイント

引っ越しの際、開封済みの洗剤やヘアケア商品の梱包に頭を悩ませることがよくあります。

特に、ポンプ式の商品はわずかな圧力や衝撃で中身が漏れる恐れがあり、慎重な取り扱いが求められます。

また、「混ぜるな危険」の表示がある製品には、うっかりしていると危険な状況を招くことがあるため、特に気をつけなければなりません。

この記事では、そんな開封済み商品の包み方や準備のコツについてご紹介します。

原則としては廃棄が基本だが、元に戻せば再利用も可能

引越しの際、開封済みのシャンプーや洗剤が問題になることがあります。

ポンプ式やトリガー式の商品は、どのように梱包すれば良いか分からず困ることが多いですね。

通常、これらは使い切った後に処分するか、残念ながら廃棄するのが一般的です。

しかし、引越し直後にすぐ必要になることを考えると、新しいものを買う時間があるかどうかも不明です。

そのような場合でも、シャンプーやリンス、液体洗剤、漂白剤を含むあらゆる開封済みの商品を「元の状態に戻す」ことで、適切に対応可能です。

ポンプ式商品の梱包方法

日常生活でよく使われるポンプ式のシャンプーやリンスは、引越し前にポンプを元の状態に戻しておくことが大切です。

これを行うには、ポンプの先を押し下げ、普段使うときと同じように回してください。

商品を初めて使う時にポンプの先端を回して引き上げたのを思い出してくださいね。その逆の操作をするんです。

この手順により、ポンプを固定でき、移転時に安全に梱包することができます。

ただし、この作業をすると中身が少し漏れることがあるので、引越し前の最後のお風呂で行うと良いでしょう。

ポンプ処理が完了したら、商品をプラスチックバッグに入れてしっかりと口を結び、サイズが合う段ボール箱に入れてください。

液体製品は重量があるため、小さめの箱を選ぶことが推奨されます。

液体洗剤と柔軟剤の包み方

液体の洗濯洗剤や柔軟剤、衣類用漂白剤、食器洗い洗剤は、元々の容器に入ったままで梱包可能です。

ただし、キャップが緩いと中身が漏れ出し他の荷物を汚す可能性があるので、キャップをしっかりと閉め、安全を考慮してビニール袋などに入れ、口をしっかり縛ってから段ボール箱に収納しましょう。

こちらも液体の重さを考慮して、梱包には小さめの箱を選ぶのがベストです。

化学反応を起こす可能性がある製品の梱包方法

「混ぜるな危険」と表示されている漂白剤や洗剤などは、塩素系や酸性の製品で見られ、これらが混ざると危険な塩素ガスが発生する恐れがあります。

実際、家庭での清掃時に異なるタイプの洗剤が混ざって事故につながることがあります。

これらの製品を安全に梱包するには、購入時と同じ状態に保つことが重要です。

トリガー式の製品には、使用を安全にするストッパーがついているので、「オフ」に設定し、製品をビニール袋で二重に包むことが推奨されます。

キャップ式の製品も、キャップをしっかり閉めた後、ビニール袋で二重に包みましょう。

梱包する際には、塩素系と酸性の製品を分けて、ダンボールの内部にもビニール袋を使用し、しっかりと口を縛ります。

ダンボールの外側に「混ぜるな危険・洗剤」とはっきりと書いて、注意を促しましょう。

粉末石鹸と固形石鹸の包み方

粉末石鹸は、可能であれば箱の蓋をテープでしっかりと封じ、その上でビニール袋に入れて口を固く縛ることがおすすめです。

開封した固形石鹸は、プラスチックラップで包んだ後にビニール袋に入れ、口をしっかり閉じることで、他の荷物への汚れ防止が可能です。

ダンボールに詰める際は、さらなる安全措置として、大きめのビニール袋に再度入れてから梱包するとより安心です。

シャンプーや掃除用品の正しい処分方法

引越しの際に、ほんの少し残った洗剤やシャンプーの処理に困ることがよくあります。

多くの人が「新居に着いたら新しいものを買った方が早い」と考えがちです。

しかし、これらのアイテムをどうやって処分するか、特に下水道に流しても問題ないかどうか疑問に思うことでしょう。

液体製品の処分方法

シャンプーや洗濯用洗剤、食器用洗剤などの液体製品は、普段使っている通り下水道に流しても大丈夫です。

これらの製品は使われると最終的に下水に流れるため、たとえ大量に処分する場合でも環境に大きな害はありません。

ただし、処分する際には泡が大量に出る可能性があるので、たっぷりの水で流すことをおすすめします。

混ぜてはいけない製品の処分方法

「混ぜるな危険」と表示されている製品は、指示に従って別々に処分すれば問題ありません。

例えばトイレ用の塩素系洗剤を処分する場合、その洗剤だけをトイレに流し、他の製品と混ぜずにしっかり水を流してください。

その後で他の洗剤を処分する場合も、同様に水をたっぷり流せば安全です。

重要なのは、異なる種類の製品を一緒に処分しないことです。

粉末や固形製品の処分方法

粉末石鹸や固形石鹸は、水に溶けにくかったり、量が多かったりすると問題が生じることがあります。

そのため、新聞紙で包んで可燃ごみとして出すことが推奨されます。

ただし、自治体によっては不燃ごみとして扱う場合もあるので、地域のルールに従って正しく処理してください。

さいごに

開封したばかりの洗剤やヘアケア商品を処分すると、移動中の荷物が少なくなり、他の品物が汚れる心配もなくなるため、良い選択かもしれません。

ですが、新居に引っ越した直後にこれらの日用品を買いに行く時間があるのか、また新しい住所の近くの店を知っているのか等、いくつかの心配事が出てきます。

特に、最近購入した商品を捨てるのはもったいないと感じられることでしょう。

そうした時は、この記事で紹介した梱包のアドバイスを利用して、商品を安全に運べるようにしましょう。

引越し時の化粧品梱包術 スキンケアアイテムの梱包方法や処分方法まとめ