NPO法人 屋久島エコ・フェスタ

写真展 百年の記憶

「ウィルソンの見た鹿児島の自然」開催

100年の鹿児島の変遷をたどる
同アングルから撮影した現在写真と比較展示
新たに発掘したウィルソン作成の100年前の標本の写真も展示
開催期間:平成27年9月5日(土)〜平成28年2月28日(日)
会場:鹿児島県立博物館 宝山ホール4F 化石展示室

九州労働金庫より平成27年度「NPO助成」をいただきました。
この助成で、A4×16P、カラーのパンフレットを作成。
写真展にご来場の方に無料で差し上げます。


屋久島町世界自然遺産登録20周年記念

2014年1月19日(日)「森と夜と世界の果てへの旅」屋久島公演

主催:NPO法人屋久島エコ・フェスタ
共催:公益財団 現代人形劇センター
後援:屋久島町・屋久島町教育委員会・社会福祉法人 屋久島町社会福祉協議会

屋久島町総合センター(安房)にて、ろう者と聴者が協同する人形劇団、デフ・パペットシアターひとみによる公演がありました。

デフ・パペットシアターひとみ結成30周年記念作品にふさわしいすばらしい作品でした。多くの方に楽しんでいただきました。


2013年12月 東日本大震災で被災された岩手県陸前高田市の方々へ、

屋久島の住民が作った手づくりのお箸と、メッセージを書いた屋久杉のしおりを贈りました。


シンポジウム「屋久島の多様性がもたらす豊かな恵みを子供たちの未来へ」

100年後のこどもたちに、私たちは屋久島の何をどう残していけるのか?

基調講演「日本文化と森林」

評論家、日本福祉大学、立正大学名誉教授 富山和子氏

現地報告「ウィルソンの屋久島」

古居智子がウィルソンと屋久島の関連について講演をしました。

パネルディスカッション「豊かな屋久島の多様性の恵みを子供たちの未来へ」

講演後、パネルディスカッションをしました。

東京農業大学教授(コーディネーター)  武生雅明氏

認定NPO法人富士山クラブ理事・事務局長 青木直子氏

弁護士、関東屋久島会相談役  牧 良平氏

NPO法人屋久島エコ・フェスタ理事長  古居智子

実施日:2013年12月07日
会 場:東京農業大学131教室
主 催:屋久島イベント実行委員会
後 援:鹿児島県、屋久島町、屋久島観光協会、東京農業大学
協 力:日本エアコミューター梶A認定NPO法人富士山クラブ、関東屋久島会
運 営:チカソシキ
      


2013年11月23日 「ウィルソン写真展―100年の記憶の旅路」開催

屋久島世界自然遺産20周年記念式典の開場でウィルソンが100年前に撮った屋久島の写真 全点、さらに過去と現在の比較写真などを展示。多くの方に楽しんでいただきました。


2013年11月3日〜15日 「100年の旅―屋久島写真展」開催

鹿児島市天文館にある「月の舟」(NPO法人かごしま文化研究所)にて写真展を開催。 10日は古居智子が「ウィルソン博士と屋久島」のテーマで記念講演をしました。 集まった方々は100年前の英国人植物学者と地元の若者との交流話を興味深げに聞きいって 下さいました。


2013年10月7日(月)「シドッティ氏とウィルソン氏について学ぶ」

屋久島中央中学校 特別講座にて古居智子が講演をしました。


屋久島世界自然遺産登録20周年記念事業
100年前の屋久島 ウィルソン写真展開催

ウィルソン株を世界に紹介した英国人プラントハンターのアーネスト・ヘンリー・ウィルソンが100年前に 撮った屋久島の写真を展示しました。写真データは当法人理事長の古居智子がハーバード大学アーノルド植物園 から独自のルートで入手、特別に使用許可を得たものです。平葺きの木造家屋が寄り添うように軒を並べる里の風景、 山の中の巨木の佇まい、そして今や「ウィルソン株」と呼ばれ観光スポットになっている大株のいにしえの姿。 100年前にタイムトリップしたような写真の数々を多くの方が楽しんで下さいました。

写真展 7/27(土)−8/10(月) 屋久島環境文化村センター 文化ホール
      8/11(火)−88/31(土) 各区公民館

主催:屋久島世界自然遺産登録20周年記念事業実行委員会
共催:NPO法人屋久島エコ・フェスタ
後援:九州森林管理局・九州環境事務所


Copyright (C) 2013 NPO法人屋久島エコ・フェスタ. All Rights Reserved.